ガジェット・ソフトウェアのレビュー依頼は "ひろやま"のTwitter DMまで

バルセロナ→パリを高速鉄道(AVE / TGV)で移動する

2019年5月のヨーロッパ旅行の際、バルセロナからパリに高速鉄道(AVE / TGV)で移動してみました。自力でチケット手配したので、当日はバルセロナのホテルからパリに着くまでドキドキでしたが無事移動できました。参考になればと思い簡単にまとめてみます。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

高速鉄道(AVE / TGV)を選択した理由

「単純に乗ってみたかった。」が一番なのですが、LCCも移動手段で検討していました。

  1. スーツケースの重量を考慮すると料金はさほど変わらない
  2. パリに到着する空港は郊外のため地味に移動のハードルが高そう

そんなこともあって、少し時間は掛かりますが高速鉄道での移動を選択。チケットを早期手配したこともあって料金も安め、バルセロナとパリの両駅もホテルからタクシーで移動でき、個人的には鉄道移動が正解だったと思ってます。
(それぞれ良し悪しあるので、次は空路LCCで行ってみたいですね。)

高速鉄道のチケット手配

ネットで調べると色々な情報がありました。何が正解か良くわかりませんが、私は「レイルヨーロッパ」を使って3カ月前に予約しました。(3カ月より先は予約できないみたいです)

Train tickets in Europe – Search & Book on Rail Europe

検索方法

ちょうどバルセロナのサンツ駅からパリのリヨン駅まで片道大人2名で検索するとこんな感じです。(※Paris Lyon駅はパリ市内の駅のこと。フランス中部の都市リヨンとは違います)

検索結果

下の10:10発が直通で安い料金ですね。
この後の画面で搭乗者の個人名、生年月日などを入力し、クレジットカードで決済するだけ。(先にユーザー登録と個人情報の登録を済ませておくと楽です)

予約完了のメールからチケットをダウンロード

モバイル画面を見せるチケットでも良いのですが、海外なので何が起こるかわかりません。チケットは印刷して持参しましょう。
予約完了時のメール、またはレイルヨーロッパの予約履歴からチケットをダウンロードします。

下は個人画面にログインし「Your Trip」から予約履歴が確認できます。

当時の予約情報ですが、大人2名の1等車で22,500円です。
「DownLoad ticket」から予約票をダウンロードして印刷して下さい。

車両(coach)、座席(Seatも予約時に確定しています。

バルセロナ サンツ駅の乗り方

どのくらい前に着いたらいいの?

駅まではホテルで呼んで貰ったタクシーで移動。セキュリティチェックもあるため、念のため1時間前には到着しました。

パリまでの移動は6時間程度掛かるため、構内の売店でパンや水など事前に買っておきましょう。(食堂車までの移動も大変で、早い者勝ちらしい)
この辺の時間も加味して余裕を持って着いた方が良いと思いました。

列車に乗るまでの手続き

あとは電光掲示板で自分のホーム番号を確認、下の赤〇が長距離列車の入り口です。この先で荷物のセキュリティチェックがあります。
印刷したチケットを用意しておきましょう。

PDF Link スペイン鉄道のページ

ここから先は区切られたエリアなので迷うことはありません。
出発近くの時間にならないと、ホームの地下へ降りられませんのでしばらく待ちます。

時間になると改札?が始まりチケットのチェックを受け、ホームに移動します。
長距離列車なだけあって、ホームが長い。先頭車両だったので移動が大変でした。

列車の脇に、行先や列車番号などの表記があるので間違えないよう注意して乗車してください。

ではパリに向けて出発進行!

AVE / TGV内の車内での過ごし方

乗ったらすぐにすること。それはスーツケースの置き場所の確保。

スーツケース置き場の確保

座席上の荷物置き場は、上着や小さいバックぐらいしか置けません。
乗車してすぐにスーツケース置き場があります。スペースが有ればすぐに確保しましょう。

事前に調べたネット情報では「1等車の荷物置き場はガラガラだった」との情報もありましたが、この日はほぼ満席。私たちは何とか棚に置くことができましたが、一瞬でスペースが埋まり自分より後ろの方は困ってました。
バルセロナ→パリは乗車率も高いので注意が必要です。

AVEのシート

新幹線よりは少し狭い?ぐらいでした。座り心地は悪くありません。

過ごし方

景色を見るぐらいで、正直やることありません(笑
GoogleMapを見ながら「あれがピレネー山脈か!」

フランスの農村を眺める。

面白いもので、パリに近づくにつれ、だんだん曇ってきます。

途中でフランス語でアナウンスがあり、列車が遅れている模様。
(何を言ってるかわかりませんが、途中すごいノロノロ運転でした。)
結局、パリに1時間半遅れで17時半頃に到着。疲れたー。

パリに着いたら流れで出口に向かいます。いわゆる改札はなくチケットの確認もなし。そのままタクシー乗り場へ向かって、ホテルに移動しました。

まとめ

個人旅行でもチケットさえ予約できれば、現地の手続きは意外と簡単。
始発のバルセロナ→終点のパリで乗っているだけですし。両駅とも市内中心部に近く、タクシーが使えるので、不便はありません。

飛行機移動(特にLCC)の場合は、シャトルバス&地下鉄等を使って、郊外の空港まで移動する手間がかかります。早めに空港に着いておく時間なども考慮すると時間的にそこまで大きく変わりませんし、スーツケースの追加料金も不要です。

あとは日本とヨーロッパの移動で長時間フライトを乗ったばかりですから、飛行機乗りたくないってのも、理由として大きいかも。

次もヨーロッパ内の移動は(時間があれば)高速鉄道を使ってみようかな?って考えています。

コメント