ガジェット・ソフトウェアのレビュー依頼は "ひろやま"のTwitter DMまで

iPhoneのWi-Fi通信が不安定、急に繋がらない時の対処方法(iOS14)

最近妻から自宅でiPhoneの無線が急に繋がらなくなると報告を受けました。最初「そんな訳あるかい!」と思いながらも画面を見たら確かにWi-FIの扇マークが消えており、自宅のWi-FIに繋がっていません。
試しにWi-Fi設定を消し再設定しましたが、全く無線ルータに接続できません。

iPhoneを再起動したら繋がったのですが、理由が不明です。
これは仕事でもユーザからそのうち問い合わせが来るパターン。せっかくなのでiPhoneの無線が不安定になった場合の対処方法を調べてみました。

先に結論から。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

iPhoneのWi-Fiが不安定な場合に確認する設定

プライベートアドレスを[オフ]にすることで改善します。

こちらを一度試してみてください。我が家のiPhoneはこれで改善しました。

手順
  1. [設定]appを開く
  2. [Wi-Fi] をタップ
  3. 設定済みネットワークの横の情報ボタン[ i]をタップ
  4. [プライベートアドレス]をタップして[オフ]に切り替える

[プライベートアドレス]はiOS14からの追加機能です。

2. [Wi-Fi]をタップ
3.ネットワークの横の情報ボタン[ i ]をタップ
4.[プライベートアドレス]を[オフ]に切り替え

では、iOS14から追加された[プライベートアドレス]の設定をオンにすると何が変わるのでしょう。「複数のWi-Fiネットワーク間のiPhoneのトラッキングを減らすことができます。」と書かれていますが、いまいち意味がwakar…略。詳しく確認してみます。

スポンサーリンク

iOS14の「プライベートアドレス」設定とは?

Appleの公式サイトに情報がありました。

プライバシー対策強化のため、iPhone、iPad、iPod touch、Apple Watch では Wi-Fi ネットワークごとに違う MAC アドレスを使うことができます。

 Apple公式 サポート > iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 でプライベート Wi-Fi アドレスを使う

ネットワークデバイスはMACアドレスという一意のネットワークアドレスを持っていますが、iOS14から追加された「プライベートアドレス」設定をONすることで、各ネットワークでMACアドレスを切り替えてくれる機能です。

これは環境によって「MACアドレス」がコロコロ変わるということ。

「プライベートアドレス」設定をONするメリットは、ネットワーク事業者やアプリ開発者がiPhoneの情報が追えなくなりiPhone利用者のプライバーを確保できる点です。

では、なぜこれがWi-Fiの通信が不安定になる原因となるのでしょうか?

iPhoneWi-Fiが急に繋がらなくなる原因

無線ルータは接続してきたiPhoneを一意のネットワークアドレスである「MACアドレス」で判別します。(実際にはこれ以外にも情報を保持しているはず。)

実際に自宅のルータで接続済みiPhoneの情報を確認してみます。

■ 無線ルータの接続デバイス情報

矢印が私のiPhoneのMACアドレスです。「プライベートアドレス」設定をONすることで、この値が変わってしまう可能性があるということです。

Appleの公式情報ではMACアドレスはネットワークごと切り替えるように書かれていますが、どうやらiPhoneの再起動やiPhoneのファームウェア更新でMACアドレスが変更されてしまことがあるようです。

実際にこの症状が出て最初にiOSのバージョンアップを試し、iPnoneが無線に再接続できたのですが、無線ルータの管理アプリから「新しい接続端末を検知した」通知が出たので、「MACアドレス」の変更されたのは間違いなさそうです。

無線ルータにも寄りますがこういった場合、Wi-Fi接続が正常に動かないこと発生します。Apple公式でも下記のように案内されています。

場合によっては、ネットワークがプライベートアドレスでの接続を認めていなかったり、デバイスでネットワークに接続はできても、それ以上のアクセスは認められなかったりすることがあります。そうした場合には、そのネットワークについては「プライベートアクセス」設定をオフにするという選択肢があります。 

Apple公式 サポート >iOS 14、iPadOS 14、watchOS 7 でプライベート Wi-Fi アドレスを使う
※公式「プライベートアクセス」と記載されています。おそらく「プライベートアドレス」の誤植かと…。

もちろん影響がない方はプライバシー対策強化のため「プライベートアドレス」は「オン」のままにしていただいて問題ありません。

急にWI-FIが繋がらないといった症状に遭遇した場合は「プライベートアドレス」設定を確認してみましょう。

この話はiPad , Apple Watchが最新OSの方は対象です。

コメント