ガジェット・ソフトウェアのレビュー依頼は "ひろやま"のTwitter DMまで

【Micorosoft365】Microsoft EditorのAI文章校正を使ってみた

Microsoft Editor(Microsoft エディター)を使ったAIによる文章校正が少し前から気になっていたため、さっそくEdgeブラウザにインストールして使ってみました。Wordpressでブログを公開した後で誤植に気づくことも多いので、その辺が防げるのはありがたいですね。

Microsoft エディター、スペルと文法のチェック
文書、メール、Web のどれでも自信を持って文章を書くことができます。Microsoft エディターはインテリジェントな文章作成アシスタントです。
スポンサーリンク
スポンサーリンク

無料版とMicorosoft365版の機能差

Microsoft Editorは無料でも使えますが、こちらは簡単なスペルチェックのみ。Micorosoft365を契約していると「プレミアム機能」でAIがいろいろと校正してくれるようです。

どの程度チェックしてくれるのか実力は後ほど。

スポンサーリンク

ブラウザの拡張機能のインストール

Microsoft EdgeとChromeブラウザ用の2つが公開されています。
今回はメインで使っているEdge用をインストールしました。

[インストール]

[拡張機能の追加] 

インストールが完了すると、Microsoft Editorのアイコンが出てきます。

クリックして展開したら[サインイン]で、Micorosoftアカウントにサインインします。

Microsoft Editorのアイコンに色が付きました。

↓が[Editor]の設定画面です。

スポンサーリンク

Microsoft EditorのAI校正の実力は如何に?

適当に文章を入力したので、AI校正の実力を確認してみます。

くだけた表現:いいですが → いいですが

誤字:入力画面の → 入力画面の

スペルチェック:Microsooft → Microsoft

とまぁ明らかな間違いはチェックが入ります。

あと敢えて変な文章を入力してみましたが、こちらは華麗にスルー。

この辺は反応せず。

ここまで来て気づきました。
「Editer」と入力していたことに。正しくは「Editor」ですね。
これもスルーされていました。危ない。

という訳でAI校正はまだ不完全な部分もありますが、口語体やタイプミスの誤植発見ができるだけでもありがたい。しばらく使ってみます。

コメント