ガジェット・ソフトウェアのレビュー依頼は "ひろやま"のTwitter DMまで

Search Consoleの所有権 TXTレコードをAWS Route53に登録する方法

本サイトのWordPressはAWSのサービスだけで稼働させています。AdSenseの申請も通ったので投稿がGoggoleにインデックスされているか?検索順位はどのくらいか?確認するため、Google Serch Consoleにドメインを登録します。

登録には「DNSレコードでのドメイン所有権の確」がいるため、AWSのRoute53(DNSサーバ)にTXTレコードをコピーする必要があります。
今回はRoute53Sech ConsoleTXTレコードを登録する手順をご案内します。

サイトの所有権を確認する - Search Console ヘルプ
確認について 確認とは、ユーザーが所有権を主張するプロパティについて、実際に所有していることを証明するプロセスです。プロパティの所有者
スポンサーリンク
スポンサーリンク

Google Serch Consoleでドメインを登録

  1. 「+プロパティを追加」を選択
  1. 自分のサイトのドメイン入力し[続行]  「 例)http://35.72.52.85 」
  1. 下の画面に出てくる「TXTレコード」の値をコピーします。

この後はAWSコンソールでRoute53を操作します。Serch Consoleの操作は一旦終了。

スポンサーリンク

AWS マネジメントコンソールでRoute53にTXTレコードを登録

注意 AwsコンソールUIは頻繁にリニュアールします。新UIの画像も最後に入れています。

  1. Route53のDNSの管理からホストゾーンを開く
  1. 作成済みのドメイン名をクリック
  1. [レコードセットの作成]をクリック
  1. タイプを[TXT – テキスト]、エイリアスは[いいえ]、値に[Serch ConsoleでコピーしたTXTレコード]を登録し[レコードセットの保存]をクリック
    ※[値]は「” “」で囲ってください

私はまだ慣れていないためAWSマネージメントコンソールは旧UIで操作していますが、新UIのDNSレコードの↓↓登録画面↓↓も貼り付けておきます。

新しいAWS マネージメントコンソール画面の場合

Route53の操作は以上です。ではGoogle Serch Consoleの画面に戻ります。

スポンサーリンク

Route53にTXTレコード設定後のSerch Consoleへのドメイン登録

Route53に登録してから数分待ってから、同じ手順でドメインを登録します。

正しくDNSサーバのTXTレコードを認識すると、ドメインの「所有権を自動確認しました」と表示され、Serch Consoleが利用できるようになります。

確かにドメインの所有権を確認しないと、他人のサイト情報を勝手に見れちゃいますもんね。
TXTレコードの情報の取扱いにはご注意ください

今回は↓のサイト(Google WorkspaceからAWS Route53のドメインの所有権の確認手順)を参考にしました。

アマゾン ウェブ サービス: ドメインの所有権を証明する - Google Workspace 管理者 ヘルプ
重要:Google Workspace で新しいドメインを設定する際に、この記事をご参照ください。お使いのドメインで Google Workspace をご利用いただいてから 3

コメント