ガジェット・ソフトウェアのレビュー依頼は "ひろやま"のTwitter DMまで

画面の輝度調整が効かない

先日購入したノートPCの画面の明るさを(輝度)を調整しようと操作しましたが反応がありません。先日は問題なく操作できていたので、原因を調べ修正しました。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

輝度調整の方法

ノートPCは画面の明るさ(輝度)が調整できます。
主にキーボードか、設定パネルから操作可能です。

キーボード操作の場合

[FN]キーを押しながら、[F**]キー(※)を押します。

※ファンクションキーの位置は機種に依存します。

設定パネルからの操作

スタートボタンから[⚙](歯車)の[設定]から変更可能です。


[システム]を開きます。


[ディスプレイ]メニュー内の[明るさと色]のスライダーで輝度を調整します。

今日はキーボード操作も効かず、設定パネルにも[明るさと色]の項目が消失していました。

輝度調整が効かなくなった原因

そう言えば昨日パソコンを再起動したときにWindows アップデートが実行されていました。Windows10ではデバイスドライバもアップデートされるため、ドライバの適用の際に不具合が出たのでは?と推測。

デバイスマネージャーを確認

スタート[Windows]ボタンを右クリックし[デバイスマネージャー]を開きます。


ディスプレイアダプターのRadeon[!]マークが付いていました。

やはりWindowsアップデートでグラフィックドライバを更新した際、適用に失敗したようです。

仕方ないので手動でドライバを適用します。

ドライバの再適用方法

実は簡単です。

先ほどの[!]マークのデバイスを右クリックし、[ドライバの更新]を選択します。


数分ほど待つと更新が終了の通知がでたら、再起動します。

改めて設定のシステムから[ディスプレイ]を確認したところ、[明るさと色]の項目が復活していました。[FN]キーでの操作も可能です。


何か動作が変だな?と思ったら、デバイスマネージャーで!マークが出ていない確認してみてください。

Windowsの[設定]も項目をグレイアウトしてくれたらわかりやすいのですが、項目自体を消されると違和感があっても気づきません。困った動きですね。

Windows10のテキスト貼っておきます

コメント